2012年10月10日

【ワイン紹介】Timpa del Pricipe IGP CALABRIA

Timpadelprincipe.jpg
ティンパ デル プリンチペ IGP カラブリア
Timpa del Pricipe IGP CALABRIA

カステロヴィッラリの標高500mの畑で収穫される土着葡萄
グレコビアンコとモントニコをブレンドした、ワイナリーを代表する白ワイン。
収穫後酸素と触れないようソフトプレスされ、ステンレスタンクで
13℃〜15℃の温度で低温醗酵。
約9ヶ月シュル・リーの後、ボトリングされます。

標高の高さを活かし、芳醇な香りと心地良い酸を持つバランスの良い
白ワインに仕上がっています。
ティンパ デル プリンチペとは、ポッリーノ山脈の標高1,741mの峰の
名前から取っています。

【品種】グレコ ビアンコ 50%/モントニコ 50%

   


posted by フェッロチント at 19:10| Comment(0) | ワイン紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。